ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 令和6年2月13日(火)「大豆・子実用とうもろこし生産振興セミナー」を開催します!

令和6年2月13日(火)「大豆・子実用とうもろこし生産振興セミナー」を開催します!

印刷用ページを表示する 掲載日:2024年1月18日更新

令和6年2月13日「大豆・子実用とうもろこし生産振興セミナー」を開催します!

 県では、食料安全保障の強化に向け、国産の需要の高い大豆と国産濃厚飼料として有望な子実用とうもろこしの生産拡大を図るため、モデル地区や実証ほを設置し成果を波及させるなど、生産振興の取組を行っているところです。

 実需者に求められる県産大豆の品質や生産量、高温対策、モデル地区の取組事例について理解を深めるとともに、水田の輪作体系に子実用とうもろこしを加えることのメリットについて学び、生産者の経営改善に資するため、以下の日程でセミナーを開催します。

 興味のある方は、開催要領を確認の上、令和6年2月6日(火曜日)までに、出席報告を当課までお送りください。

 開催要領 [PDFファイル/130KB]  出席報告 [Wordファイル/16KB]

 ■日時 令和6年2月13日(火曜日) 13時00分~15時45分

 ■場所 福島県農業総合センター多目的ホール (※会場開催のみ。Webなし)

     郡山市日和田町高倉字下中道116番地

 ■内 容 

(1)講演:会津天宝醸造株式会社における取組について    

  講師:会津天宝醸造株式会社 代表取締役社長 満田盛護氏   

(2)情報提供:県中地方の大豆生産とモデル地区について

   発表者:福島県県中農林事務所農業振興普及部 技師 梅津輝氏

(3)情報提供:高温条件下における大豆栽培について

   発表者:福島県農業総合センター作物園芸部畑作科 担当者              

(4)講演:大豆の高品質・安定多収栽培へ向けた子実とうもろこしとの輪作

   講師:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 

      東北農業研究センター 水田輪作研究領域 ICT活用技術グループ

      主任研究員 篠遠善哉氏

(5)講演:東北地方における子実とうもろこしの調製と給与の取り組みについて

   講師:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構

      東北農業研究センター 水田輪作研究領域 ICT活用技術グループ

      上級研究員 嶝野英子氏

(6)成果発表:相双地域における子実用とうもろこし栽培の取組について

   発表者:福島県相双農林事務所農業振興普及部 技師 石川拓磨氏

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)